2015年10月31日土曜日

【裕泉督尉将軍廟】 台南の工場の敷地内にある日本人廟

日本神・裕泉伸一郎

仙台と台南は友好都市ですので、台南のことをたくさん発信したい仙台台湾朋友会です。
今日もシリーズ「台湾の日本神」をお届けします。

台湾には日本人を神様として祀る廟がたくさんありますが、
特に多いのが台南です。
今回ご紹介するのは、裕泉督尉将軍廟です。
こちらにおわすお方が、裕泉伸一郎将軍です。



台南市郊外の仁德區にあります。
工場の敷地内にあるので、ちょっと場所はわかりづらいです。
こちらの看板が目印です。



案内してくれた台湾の方の話では、廟ができたいきさつは以下の通りです。

  工場の前を通っている幹線道路を工事している時に人骨が出てきた。
  工場の社長の夢に日本人が出てきて、
  「私は裕泉伸一郎だ。廟を建てて祀ってほしい」と言った。
  夢のお告げの通り、廟を建てたら、商売が繁盛した。



工場の敷地内にありますが、一般人でも車で入っていけます。



廟の中はこんな感じです。



台湾の神様のように衣をまとっていますが、
衣の下には軍服を着ていて、軍刀も持っています。


この廟は奇美博物館からそう遠くないところにありますので、
台南に来た時に一緒に訪れるといいかもしれません。

2015年10月29日木曜日

【真靈祖師】台南で新しく神様になった日本人

真靈祖師は台南の新しい日本人廟です。

仙台台湾朋友会です。
これからしばらく台湾からレポートします。
今日は、シリーズ「台湾の日本神」をお届けします。

さて、台湾では日本人が神様として祀られている廟があり、
台南の飛虎将軍廟などは広く知られているところです。
日本人廟の中には、最近できたところもあります。
今日は台南市の真靈祖師を紹介します。


日本神・藁粥剛

真靈祖師として祀られているのは、
藁粥剛さんという数年前に台南でお亡くなりになった日本人です。




こちらが生前の藁粥さんのお写真です。
台湾人の奥さんと結婚後、台南に住んでいましたが、癌で亡くなりました。
藁粥さんと奥さんの闘病生活の記録が、現地の新聞に掲載されたこともあります。



亡くなる前から、「私は死んでもずっと台湾にいるから」と言っていたそうです。
保生大帝から「この人は神様になるから、神像を作っておきなさい」とお告げがあったそうですが、
そんなことはないだろうと神像は作られないまま、月日が流れていきました。



ところが、藁粥さんの奥さんが原因不明の病にかかり、
夜になると熱が下がらなくなる日々が続いたそうです。
そこで、保生大帝にお伺いを立てたところ、
「神様として祀るように」というお告げがあったため、
神像を作り、藁粥さんを神様としてお祀りすることになったのだそうです。
これが真靈祖師の由来です。



なお、真靈祖師の存在は、現時点ではほとんど誰にも知られていないです。
ご遺族の意向では「たくさんの台湾が好きな日本人にお参りに来てもらった方が本人が喜ぶ」
とのことなので、
ここで真靈祖師を紹介します。

また、真靈祖師にお参りをしたい方は、
ご遺族から連絡先の公開を許可されましたので、ここに記します。
下記の番号へ電話の上、真靈祖師参拝希望であることを伝えてください。
日本語可です。

0938907077(台南市・愛子カラオケ店)

2015年10月25日日曜日

仙台の台湾料理店「香満楼」、現在のお店での営業は今日が最後!!

仙台の台湾料理店「香満楼」は移転のため閉店します!!

「多謝台灣」の仙台台湾朋友会です。
仙台の台湾料理店「香満楼」が、移転のため現在のお店を閉じます。
今日10月25日は最後の営業日となりました。
このお店では12年間営業したそうです。
お疲れ様でした。



このお店では何回かイベントをさせてもらいました。
そのうち新しいお店でイベントができるといいですね。



当方が好きなメニューはカレー焼きビーフンと大根餅ですが、
みなさんはどのメニューがお好きでしたか?



お願いですから、新しいお店では「台湾ビビンバ」はやめてください。。。。
「ルーローファン」でいいと思います。



新しいお店の住所は下記の通りです。

仙台市青葉区通町1-6-12-1F
※仙台合同庁舎向かい

オープンは11月1日を予定しているそうです。
香満楼ファンのみなさん、今度は新しいお店でお会いしましょう!


2015年10月22日木曜日

松島の福浦橋は日台友好の架け橋です!!

松島に日台友好の架け橋があるって知っていますか!?

「多謝台灣!」の仙台台湾朋友会です。
宮城県で台湾縁を感じたい人は、ぜひ松島へ行ってみてください。

松島は観光名所がたくさんありますが、特にオススメしたいのが、
福浦橋です。橋を渡って福浦島のハイキングも気持ちがいいですよ。
ところで、どうして橋で台湾縁を感じることができるのでしょうか?



一見何の変哲もない橋のようですが・・・?



実はこの「福浦橋」という石碑の隣に、こんな立て看板があります。
ちなみに、この看板を見たいだけであれば、タダで見れます。
福浦橋の料金所の裏から塀越しに見ることができます。



福浦橋は東日本大震災の津波で破壊されましたが、
台湾の日月潭の方々の支援で修復されたそうです。
これに感謝し、この橋を日台友情の橋としたそうですね。



通行料200円を支払うと、橋を渡って福浦島へ行けます。
島に特に何があるわけではありませんが、景色はとてもきれいです。
松尾芭蕉が圧倒された松島の風光明媚な様子を、より近くで見ることができます。



島には至る所に小さな砂浜があります。
森の中をハイキングするだけではもったいないので、
ぜひ砂浜にも下りてみてください。



「我こそは日台友好の架け橋とならん!」
と心に誓った人は、福浦橋を渡って福浦島へ行ってください。
そして、砂浜にあなたの熱い思いを書いてきましょう!


2015年10月21日水曜日

松島や 光と影の 眩しかり

台湾の李登輝先生が松島で俳句を詠んだのを知っていますか?

「多謝台灣!」の仙台台湾朋友会です。
仙台のすぐ近くにある有名な観光地と言えば、松島ですね。
多くの外国人観光客で賑わっています。
実は松島は、宮城県内でも有数の「台湾縁」を感じられる場所であることを知っていますか??

その昔、有名な俳人である松尾芭蕉は、
「松島や ああ松島や 松島や」
という俳句を詠みました。
一説には、風光明媚な松島の美しさに圧倒されて、
まともに俳句が詠めなかったとも言われています。

ところで、台湾の元総統である李登輝先生とその奥様が、
以前松島で俳句を詠んでおり、その俳句が石碑になっています。
みなさん、ご存知でしたか??


「松島や 光と影の 眩しかり」
が李登輝先生の俳句で、

「松島や ロマン囁く 夏の海」
が奥様の李曾文惠さんの俳句です。

この石碑は、瑞巌寺の料金所の脇にあります。
石碑は入場料を支払わなくても見ることができますよ。

ただ、現時点(平成27年10月21日)では、石碑がある場所が文化財修復のため工事中です。
基本的に中に入ることはできません。
それに、この状態ではここに石碑があることに気付く人は少ないでしょう。


当方は瑞巌寺に入場料を払って入り、中を見学した後、
受付で「李登輝さんの石碑を見たい」とお願いしたところ、
親切な受付の方が工事現場の方に掛け合ってくださり、中へ入ることができました。
時々、台湾人観光客が李登輝さんの石碑を見に来ると言っていました。
文化財修復中ですので、中はこんな感じです。


工事が終わって、この石碑が多くの人の目に触れる日が来ることを心待ちにしています。

2015年10月18日日曜日

『多謝台灣! 緑のハートプロジェクト』進捗状況③

(^o^)(^o^) 緑のハート型ロウソクが届きました!

「多謝台湾」の仙台台湾朋友会です。
当会がブログを始めて記念すべき100回目の投稿が、
緑のロウソクが届いたという嬉しいニュースになりました!

東日本大震災から5年・・・・・
世界一の支援をしてくれた台湾のみなさんに感謝の気持ちを示すとともに、
私たちの気持ちを届けたいと思いました。
それがこの緑のロウソクです。

このロウソクを作ってくれた川崎町立川崎中学校特別支援学級のみなさん、
本当にありがとうございました!
素敵なロウソクです!



こうして包んだので、もういつでも台湾のみなさんにお渡しできますよ!
交流活動でお渡しできるのを、こちらも楽しみにしています!


緑のハートに火をつけろ!!
多謝台灣! 仙台台灣朋友會加油!

2015年10月16日金曜日

『多謝台灣! 緑のハートプロジェクト』進捗状況②

あとは緑のハート型ロウソクを待つのみです!

多謝台湾の仙台台湾朋友會です!
台湾に感謝を伝える緑のハートプロジェクトもだいぶ目に見える形になってきました。

作成を依頼していたロウソクができたと連絡がありましたので、
あとはロウソクを待つのみです。

ロウソクと一緒に入れるチラシのようなものを作ってみました。
台湾の人たちにわかってもらえるように、繁體中文で作りましたよ。
中文を見ていただいた老師、ありがとうございました。

川崎國民中學特殊教育班學生?!?!
そうなんです!
ロウソクの作成は、川崎町立川崎中学校特別支援学級の生徒さんにお願いしました。

川崎中学校特別支援学級では、作業学習の授業でロウソク作りに取り組まれ、高い評価を受けています。
素敵なロウソクが届くのが楽しみです!





2015年10月10日土曜日

『多謝台灣! 緑のハートプロジェクト』進捗状況①

活動で使うプラカードができました!

台湾を愛する仙台台湾朋友会です。
震災から5年まではもう少し先ですが、当会では台湾に感謝を伝える活動を早くも始めますよ!

昨年は台湾に感謝を伝える動画を流しました。

今年は実際に台湾に行って、台湾のみなさんに直接感謝を伝えたいと思います。

早速活動で使うプラカードを作りました。
全部手作りです。300円くらいでできます。家で印刷すればもっと安くなりますね。
中文を見てくださった老師、ありがとうございました。

このプラカードを持って街頭に立って、出会った台湾のみなさんに感謝を伝え、
一期一会を楽しもうではありませんか。
今のところ、第一回目の活動は、10月29日、場所は台南駅前を予定しています。