2016年12月21日水曜日

台湾で車やバイクを運転する

台湾では国際免許は使えません。じゃあどうやって?


お得な生台湾情報をお届けする仙台台湾朋友会です。
台湾で車やバイクを運転できたら、観光でも仕事でも、とても便利ですよね。

通常、外国人は海外で免許を取るのが大変なので、車を運転するのは難しいです。
国際免許という世界各国で使える運転免許もありますが、台湾では無効です。
しかし、日本の運転免許で台湾で運転する方法があるんです!




日本の運転免許の中国語訳を取得する

なんと、日台間の取り決めがあって、日本の運転免許の中国語訳を所持していれば、
台湾の運転免許がなくても台湾で運転できるのです。
しかし、自分で翻訳したり、翻訳業者に委託したものじゃ駄目ですよ。

・日本の各都道府県のJAF

・台湾の交流協会(台北・高雄)

のどちらかへ免許証を持って行って、中国語訳を作ってもらい、裏書きしてもらいます。

今回は台湾で取得する方法をご紹介します。下の写真は台北の交流協会です。




免許証の中国語訳を台湾で取得する方法

①日本の運転免許とパスポートを持って交流協会へ行きます。
  交流協会の受付時間は午前9時15分~11時30分、午後1時45分~5時です。
  入り口で番号札を取って、申請書に免許証番号などを書き込みます。
  原則即日発行で、待ち時間は1時間です。できるまで外出して構いません。

②指定された時間に窓口で手数料550元を支払い、免許証と中国語訳を受け取ります。
  手数料550元(約2,000円)ですが、日本のJAFで取得する場合3,000円以上かかるので、
  台湾の方が安いです。手続きも全て日本語でできるので、簡単ですよ。



実際に運転するには?

台湾で運転するには、
・日本の運転免許
・日本の運転免許の中国語訳
どちらも携帯している必要があります。

さらに旅行者の場合はパスポート、居住者の場合は居留証の携帯も必要ですね。

嬉しいことに、中国語訳の有効期限は、運転免許の有効期限と一緒です。
一度作成してしまえば、免許を更新するか、記載事項に変更がない限り、
長期の使用が可能です。
台湾に入国する度に作り直す必要はありません。


ということで、
台湾に来てすぐに中国語訳を作ってしまえば、
その後の観光でレンタカーを借りてすぐに運転できますよ。
ただし、日本と台湾では交通ルールが異なります(左右逆ですよ!)し、
台湾は運転の荒い車が多いので、くれぐれもご用心を!

0 件のコメント:

コメントを投稿