2016年6月19日日曜日

2016年仙台台湾粽祭

南部と北部の粽が混在する地域は仙台だって聞いたので・・・

台湾の粽大好きの仙台台湾朋友会です。
仙台の台湾通のみなさんは、台湾粽祭のことはご存知ですよね。

毎年、宮城県在住の台湾人のみなさんが集まって、
台湾の端午節のあたりに粽祭を開催しています。
なんとそのイベントに、台湾人だけでなく日本人や外国人も参加することができます。
宮城県における日台友好の象徴ともいえるイベントです。





ところで、先日ブログで、
「南部と北部の粽が混在する地域がどこかにあるはず・・・」
という投稿をしたところ、
「それは仙台だよ」
という情報を入手しました。

なるほど、仙台周辺には台湾人がたくさん住んでいるでしょうが、
出身は南北各地のはずです。
もしかしたら本当に南北の粽を両方食べられるかもしれません。

さっそくイベントに参加してみました。

午前中は粽作り体験、午後は粽パーティーです。
しかし、出てきた粽は南部スタイルで、北部や客家のものはありませんでした。
残念~!

とは言え、粽は美味しいですし、おかわり自由です。
お腹いっぱい食べて台湾の味を堪能することができますよ。






粽を作ってくださった台湾のみなさん、本当にありがとうございました。
来年も楽しみにしています!

2016年6月18日土曜日

『アンツーセー台湾』交流活動・活動報告

謝謝! 多謝! 安仔細! 感謝が止まらない!



東日本大震災から5年ということで、
昨年から台湾各地で感謝を示す『多謝台灣!』交流活動を続けてきましたが、
今回は苗栗を中心に活動をしてきました。
苗栗では、限定版の『安仔細台灣!』プラカードを使いました。




今回は以下の地点で活動を行いました。

①4/30 苗栗火車站
②5/1    苗栗火車站
③5/7    苗栗火車站
④5/8    桃園國際棒球場
⑤5/14  台中火車站
⑥5/15  台南公園・高雄火車站
⑦5/18  彰化火車站
⑧5/21 板橋火車站
⑨5/22  淡水捷運站・基隆火車站
⑩5/25  台北地下街
⑪5/26  台北地下街
⑫6/1   苗栗火車站
⑬6/2   苗栗火車站
⑭6/3    苗栗火車站
⑮6/4   新竹火車站・苗栗火車站
⑯6/5   苗栗火車站
⑰6/6   苗栗火車站
⑱6/7   苗栗火車站
⑲6/8   苗栗火車站
⑳6/9   苗栗火車站
㉑6/10 苗栗火車站
㉒6/11 苗栗火車站
㉓6/12 苗栗火車站
㉔6/13 苗栗火車站
㉕6/14 苗栗火車站


25日間に渡った活動では、多くの人に声をかけてもらいましたが、
今回気づいたことは、

ほとんどの台湾人は、
多額の寄付をしたことを大したことだと思っていない

ということです。

事実、中国の四川地震の時も台湾は多額の寄付をしていますし、
どの国で自然災害が発生しても台湾人はお金を出すでしょう。
救済に熱心なのが台湾人の国民性と言っていいと思います。

それにしても、日本人にとっては台湾からの支援は本当にありがたく、
今でも語り継がれていることなのに、
台湾人はさらっと流してしまう。ある意味かっこいいですね。

台湾人の大半が大したことないと思っている以上、
必要以上に感謝を示さなくてもいいのかもしれません。
しかし、それでも感謝を示すのが日本人だ!と思って活動してきました。

同じ場所で継続して活動を続けていくと、写真を撮っていく人が増え始め、
情報がいろんなところに拡散されて面白いことになりますよ。

例えば、あるFBのコミュニティーに投稿されたこの記事、
見るのはほぼ苗栗の人でしょうが、
なんと、
「いいね!」2,000以上!

苗栗で感謝を示している日本人がいるということは、
多くの人に知ってもらえたと思います。



2016年6月9日木曜日

端午の節句はやっぱり粽!

台湾では北部と南部で粽の味が全然違います!


台湾大好きな仙台台湾朋友会です。
今年は69日から12日まで、台湾では端午節の休暇です。
端午節は日本語でいうと端午の節句ですね。

端午の節句といえば、日本ではショウブやヨモギを軒に挿し、粽や柏餅を食べ、鯉のぼりを立て、武者人形などを飾る・・・という家庭は、今ではほとんどないですかね?

台湾でも、粽を食べるという点では一緒で、今でも多くの人に食べられています。
この粽、台湾の北部と南部とでは味が全然違うのを知っていますか?




一般的に、台湾の粽といえば、南部のものの方が有名です。
南部の粽の具は豚肉・ピーナッツ・卵・パクチーなどで、砂糖醤油の甘めの味付けです。
お店で食べるときは、秘伝のタレに浸して食べます。これが味噌汁との相性抜群で、美味しいですよ。

一方北部の場合、特に客家人が多い地域では南部のものとはかなり違った粽が食べられますよ! 
具は豚肉・干し豆腐・干し大根・干し蝦などで、塩胡椒が効いたしょっぱめの味付けです。例えるなら、おにぎりにしたチャーハンを食べているような味です。こちらも美味しいです!
ちなみに、こちらは北部の粽です。美味しかった・・・




どちらが美味しいかと言われると、どちらも美味しいので甲乙つけ難いです。
北部のと南部のを1個ずつ食べられれば、両方味わえていい感じでお腹がいっぱいになるのですが、そうはいかないんですよね~

もしかすると、台湾のどこかに南北の粽が混在する地域があるかも知れません。気になる方は、台湾各地で粽を食べて、探してみてください。

2016年6月5日日曜日

山間の客家の町・内湾はいいところです!

新竹から内灣線に乗ってみましょう!

新竹駅から電車で1時間。
山間の内湾という町にやってきました。
ここは客家人の町で、レトロな雰囲気を残す内湾老街には、週末には大勢の観光客が詰めかけます。




内湾戯院は日本統治時代のレトロな建物で、中では映画を見ながら美味しい客家料理が食べられます。




ただし、ひとり150元以上注文しなければならないのと、チャージが20元つくので高くなります。純粋に客家料理を食べたいだけなら、客家料理の食堂はたくさんあるので他所でもいいでしょう。




こちらはある店で飲んだ擂茶。
美味しすぎてびっくりしました。これ日本にもあったらいいですね!




内湾は景色のきれいなところです。



橋を渡って川向に行くと、なんと「桜木花道」というカフェが! 
オーナーはスラムダンクのファンなのでしょうか?



内湾には温泉もありますよ。
川沿いにある河岸温泉に行ってみました。
入湯料は200元。一見すると台湾にある普通の温泉です。水着に着替えて中に入ると、河岸にあるからか、風が気持ちいい~!
肝心の温泉は、硫黄の香りがほのかにする澄んだお湯で、多少の泡付きあり。アルカリ性のつるつる感があるお湯なので、美肌効果がありそうですよ。





演出もなかなかですね。まず湯口の「ここから湧き出てます」感がいいですね~ 
新鮮なお湯がボコボコ出てきていますよ。
お湯が豪快にかけ流されたお湯が、階段を滝のように流れてきます。爽快ですね。
係の人の感じもよく、心地よい温泉に出会った満足感でいっぱいになりました。






内湾、いいですよ! 
内湾へは新竹駅から電車で一時間です。
新竹まで来たら、ぜひ内湾へお出かけください!


2016年6月2日木曜日

『アンツーセー台灣!』交流活動のお知らせ

アンツーセーとは・・・?



61日から614日まで苗栗駅で台湾へ感謝を示す活動を計画しています。

苗栗駅での活動では、今まで使っていた『多謝台灣!』ではなく、
『安仔細台灣!』というプラカードを限定使用します。



苗栗は客家人の町です。「安仔細」は「アンツーセー」と発音し、苗栗の客家語で「ありがとう」を意味します。
4月から苗栗にお世話になっていますので、感謝の気持ちを示したいと思います。

5月下旬から台湾も本格的な夏に突入しました。
昨日61日は、暑い中第1回目の活動だったのですが、どういう巡り合わせなのか、日本語ができる人にたくさん出会いました。
「感動しました!」と言ってもらえて、疲れも吹っ飛びました。


当面の活動予定は以下の通りです。よろしくお願いします。

6/2(木) 16-17時 苗栗駅
6/3(金) 12-13時 苗栗駅
6/4(土) 10-11時 新竹駅  16-17時 苗栗駅
6/5(日) 15-16時 苗栗駅
6/6(月)  9-10時 苗栗駅
6/7(火) 17-18時 苗栗駅
6/8(水) 16-17時 苗栗駅
6/9(木)  9-10時 苗栗駅  16-17時 桃園國際棒球場内