2016年11月9日水曜日

失われし苗栗の日本神

昔は苗栗にも日本神が… 

 仙台台湾朋友会です。
 台湾の日本神の話はこれまでたくさんご紹介してきましたが、恐らくまだどこにも紹介されていないであろう、ひとつのストーリーをここでご紹介します。
 猫狸山にまだ神社があった頃、中に日本神が祀られていたそうです。


 日本統治時代、銅鑼の双峰山は「南方富士山」と呼ばれていました。頭屋の兵舎から見ると、2つの峰が重なって1つになり、富士山のように見えたからです。兵舎では多くの兵隊が南方富士山に向かって遥拝していたそうです。

 2つの峰があるのが双峰山です。苗栗駅からは富士山のようには見えません。

 戦後、兵舎の跡にお化けが出るようになりました。原因を探るため、霊媒師が口寄せを行うと、日本語が話せない霊媒師が突然日本語を話し始めました。日本語がわかるお年寄りの通訳によると、霊魂はこう語りました。「戦争で死んだ兵士たちの魂が帰ってきているので、供養してほしい」
 
 そこで、人々は兵士の像を作って供養し、像は猫狸山の旧神社へ収めたそうです。しかし、その神社は30年くらい前に取り壊され、兵士の像も消失したとのことです。スマホの中のこの写真は、神社が取り壊される前の貴重な写真ですね。



 話の流れは、他の日本神のものとだいたい同じですが、苗栗の話は聞いたことがなかったので、とても新鮮に感じます。今では消失してしまって見られないのが残念です。
 このお話は、苗栗県観光文化解説員の林中光さんから伺いました。

2016年11月5日土曜日

中国語資格なら台湾のTOCFLでしょ!

中国語資格取得をお考えのみなさんへ


仙台台湾朋友会ニーハオ!

台湾に興味があるみなさんの中には、
興味があるからには語学もやってみたい!
という方もいらっしゃると思います。

中国語の資格取得には様々な方法がありますが、
中検やHSKといった検定が有名ですね。
中国が好きな方はこれらを受験すればいいと思います。

しかし、台湾が好きで中国語を学ぶのなら、
台湾の中国語資格を取りましょうよ!

台湾の中国語資格は、
華語文能力測験といいます。通称TOCFL(トクフル)です。

台湾の資格ですので、繁体字で受験できます(簡体字も選べます)。
問題の難易度は、HSKに比べて難しめに設定されているようです。
その分レベルは高いと言えますね。





TOCFL受験の流れ

日本受験と台湾受験、どちらがよろしいでしょうか。


①日本受験の場合

・下記のサイトからエントリー。
・エントリー後、支払い用紙をプリントアウトし、受験料と共に現金書留で郵送。
・後日受験票が送られてくる。
・試験当日は受験票と顔写真付きの身分証明書(免許証など)が必要。
・マークシート形式の試験

日本でのTOCFLエントリーはこちら

試験の流れは、日本で行われている一般の資格試験とだいたい同じです。
最初にリスニング、その後リーディングです。途中退出は不可です。
試験結果は後日郵送されます。




②台湾受験の場合

・下記のサイトからエントリー。
・エントリー後、支払い用紙をプリントアウトし、コンビニで支払う(期限はエントリー後3日間
 ※日本からは支払いできない。台湾にいない場合、台湾にいる人に代理でしてもらうこと。
・受験票は送られてこない
・試験当日はパスポートか居留証が必要。
・パソコンに入力する形式の試験

台湾でのTOCFLエントリーはこちら

試験の流れは、日本とは異なります。
開始直前まで入室できません。
身分証と筆記用具以外は会場に持ち込めません。
マウスをカチカチやって、パソコン画面上の答えを選ぶ形式です。
ヘッドホンをつけるので、リスニングは大変聞きやすいです。
最初にリスニング、その後リーディングで、リーディングが終わった人は退出可です。
全問回答後、点数と合否がその場で判明します。




以上、TOCFLについて説明しました。
受験してみたくなりましたか?