2017年7月17日月曜日

日本最西端・与那国島から台湾をナマで見る!!!!

今日与那国島にいたアナタは超超超超ラッキーです!!

しばらくご無沙汰しておりました。
仙台台湾朋友会がお届けする深いい~台湾情報です。

台湾大好き日本人の皆さんなら、日本から台湾を見てみたいと思いませんか?
日本から台湾のナマの姿を見ようと思ったら、ここに来るしかありません。
そう、沖縄県の与那国島です!!


台湾の宜蘭までわずか111km!!
与那国島からは、石垣島よりも台湾の方が近いのです。
(ちなみに与那国島に一番近い島は西表島です)


戦前、与那国と台湾との間に国境はありませんでしたから、
与那国の人たちは漁船に乗って台湾へ行くことができました。
石垣へ行くよりも、那覇へ行くよりも、台湾へ行く方が容易だったのです。

戦後の一時期、与那国島久部良漁港は台湾との密貿易で大いに盛り上がりましたが、
今はその面影はありません。

わずか111km先に3000m級の山々が連なっているのですから、
与那国からはいつだって台湾が見えるはず・・・
しかし、実際は、いつだって見えません・・・・・・


晴れているから見えるというわけでもないです。
こんなに空がきれいでも、普段は台湾は全く見えません。
様々な気象条件に左右され、与那国から台湾が見えるのは年に1~2回とのこと。
島では「大雨が降った後に見える」とか「台風が近づいて来ると見える」と言われています。


与那国島といえば日本最西端の島ですよ。
台湾を見るならここ、西崎(いりざき)です。見えますか??


2017年7月17日(月)、ついに台湾が見えました!!


 別の角度からも!!


条件が良いと、これくらいくっきり見えるらしいです!!

台湾大好きの皆さんは、ぜひ与那国島に運試ししに来てください。
本当に運が良ければナマの台湾を見ることができますよ!! 

2017年1月11日水曜日

台湾で仕事を探す

日本語教師を例に、台湾での仕事の探し方をご紹介!

仙台台湾朋友会です。
今回は、日本語教師を例に、台湾での仕事の探し方をご紹介します。
台湾が好きで好きでたまらなくて、もう台湾で仕事を探して台湾に住んじゃおう~!って思っている人は参考にしてほしいです。





①求人を見る

日本から台湾の求人を探す場合、「人力銀行」などネット上で求人を見ることができます。
ただし、全て中国語なので、語学力が必要です。
その点、日本語教師の場合は、日本語で求人を見ることができます。
例えば、「日本語教師の集い」で台湾の求人を見てみましょう。


②応募する

まず、勤務条件・待遇・応募資格をよく見て、応募する学校を決めましょう。
特に応募資格は要注意です。ときどき、日本語教師の資格(養成講座修了・検定合格など)が必須でない学校もありますので、その場合は資格がなくても応募可能です。
中国語の語学力を重視している学校は多いです。

次に、応募方法に記載されている要領で応募します。
ほとんどの学校は、履歴書をメールで送るだけでいいです。もちろん履歴書は日本語でいいです。
ネットから履歴書のフォーマットをダウンロードして、wordで打ち込んで、写真を貼り付けしたら、PDF形式で保存して、メールに添付して送りましょう。
ポイントは、一度にたくさんの学校へ履歴書を送ることです。
手書きする必要がないので簡単です。


③面接など

通常、採用する意思がない学校は、履歴書を送っても返事をくれません。
返事を待っている時間が無駄なので、一度にたくさんの学校へ履歴書を送って、
返事が来たところから話を進める方がいいです。
選考方法は各学校で異なりますが、だいたい面接があります。
面接は、直接面接かスカイプ面接の学校がほとんどです。メールのみのやり取りで決めるところもあります。また、模擬授業が必要な学校もあります。


④採用が決まったら

最初に採用通知が来た学校に決めた方がいいと思います。
複数の学校から採用通知が来た場合は、意中でない学校はメールでお断りすればいいです。

次に、学校から提出を求められた資料を用意します。
以下のものは必ず必要なので、応募する前にスキャナーで読み取って、PDF形式で保存し、いつでもメールで提出できるようにしておくことをおすすめします。

・パスポートのコピー
・最終学歴卒業証書のコピー
・日本語教師資格証明書(養成講座修了証など)のコピー

原本が必要なものとして、健康診断書と証明写真があります。
健康診断は、フォーマットが決まっていて、台湾の方が安く受診できるので、台湾で受けた方がいいです。
証明写真も、台湾規格のものじゃなければいけないので、台湾で撮影した方がいいです。

これらについては、そのうち書こうと思います。


ということで、参考になりましたか?

台湾で仕事をする場合、中国語の語学力は絶対に求められますし、
当然台湾にいた方が仕事を探しやすいので、
90日間のビザなし滞在を活用することをお勧めします。
台湾で語学をやりながら仕事探しをするのがいいのではないでしょうか。

このことについても、そのうち書きたいですね。

ではまた!